検索
通貨両替と通貨ペア取引の違い
当社は、現物取引としてある通貨を別の通貨に両替する取引所であり、また、レバレッジを使った通貨ペア取引の為のFXのような市場でもあります。通貨両替として利用する為には、ある通貨を別通貨へ両替するために元手となる通貨を資金として持っていなければなりません。例えばUSドルを入金してXBT/USDペアでXBTに替える場合です。通貨両替をした後の資金は再度交換、出金が可能となります。
しかしながら、通貨ペア取引では、必ずレバレッジを使用することになります。レバレッジ取引では担保通貨を持っている必要がありますが、その通貨ペアの通貨を持っていない場合でも、全ての証拠金ペア取引が可能です。これは通貨ペア取引を選択した場合、レバレッジをかける為に資金を借り入れることによります。通貨ペア取引ではレバレッジを使用してショート、ロングのポジションを建てることができます。ショートポジションを保有するにはレバレッジを使用しなければならず、証拠金ペアでしか成り立ちません。
そのため通貨ペア取引のみが公式に「ポジション」としてみなされますので、「ポジション」タブには保有中または決済済み通貨ペアのみが利益/損益(P/L)と共に表示されます。ポジションが建てられた時点で、担保通貨として使用された資金はポジションがクローズされるまで出金する事が出来ません。
 注文フォームを使用する場合、レバレッジ「なし」を選択した場合には、通貨同士を両替することとなり、その片方の通貨において充分な資金を持っていなければなりません。しかし、レバレッジのレベル(2、3、4、5)を選択した場合には、借入資金を使用した通貨ペアポジションを建てていることになります。レバレッジは「中級」および「上級」注文フォームからのみ選択できます。通貨ペアによっては両替のみが可能な場合があることにご注意ください。これらのペアではレバレッジが選択できないようになっています。また、両替は不可能な通貨ペアで、レバレッジを使いポジションを建てた取引のみが可能なものもあります。そのような通貨ペアではレバレッジのレベルの選択しか出来ません。
要約すると、通貨両替は一つの通貨を他の通貨に替える事を指し、通貨ペア取引はアカウント内にある担保通貨を使用し資金を借り入れ、レバレッジを使ったショート又はロングの取引をオープンする事を指します。
通貨両替の例:$500をETH /USDの通貨ペアでETHと交換する。
通貨ペア取引の例:$500を担保通貨として使用し、$1500分のBTCを借り入れ、BTC/EUR ペア取引のショートポジションを3:1のレバレッジをかけてオープンする。
 通貨取引ペアに不慣れな場合には、レバレッジと証拠金 のページをご覧ください。