認証アプリを用いた2段階認証の設定方法

このページでは、アカウントのセキュリティ強化の為に、認証アプリを用いた2段階認証の設定方法をご紹介します。認証アプリは2段階認証コードを作成する機能をもち、Krakenなどのオンラインアカウントにて操作を行う際のセキュリティ強化が期待できるものです。認証コードはアプリにより一時的に作成される6〜8桁の番号であり、ユーザー名や通常のパスワードを入力する際に入力が必要となります。

認証アプリを用いた2段階認証の設定方法

  1. アカウントにログインして下さい。

  2. セキュリティ”のタブをクリックし、ログイン、入出金、取引、マスターキーの項目にある“オン/オフ”ボタンをクリックして下さい。

  3. 認証アプリの“設定”をクリックして下さい。

  4. その後の画面で“次”をクリックして下さい。上級ユーザーのみ“設定の変更”をクリックし設定変更を行なって下さい。

  5. お客様の端末で認証アプリを開き、QRコードを読み取るか、シークレットコードを直接入力して下さい。

  6. 認証アプリに表示される数字を入力し“設定する”をクリックして下さい。例えばログイン時の2段階認証に認証アプリを設定した時は“オン/オフ”ボタンが緑色に変わり“オン”と表示されます。その他の動作に静的パスワードを設定しても同様の表示になります。

  7. これで登録完了です。アカウントのセキュリティは強化されました。

    認証アプリを用いた2段階認証を、ログイン時、入出金時、取引時、もしくはマスターキーとしてお使いいただけます

セキュリティ強化の為に:認証アプリが保管されているデバイスが紛失や盗難にあった場合は、アカウントの情報が漏洩する危険性があります。特に端末からメールを閲覧することが出来る場合、危険性はより高くなります。このような場合には、アカウントにすぐにログインし設定を変更してください。ログインできない場合には、当社にてアカウントの一時的ロックを行いますので、カスタマーサポートまでお問い合わせ下さい。