APIコールレートリミットとは何ですか。

Krakenではサイトの悪用、妨害、またはオーダーの注文・キャンセルを繰り返すことで発生するオーダーブックの操作等を防ぐための安全対策を取っています。

すべてのAPIユーザーは0から始まる「コールカウンター」を持っています。アカウント明細・取引履歴コールではカウンターが2増加します。

注文・キャンセルではカウンターは変わりません。

他のすべてのAPIコールはカウンターが1増加します。

ユーザーのカウンターは数秒毎に少なくなりますが、ユーザーのAPIアクセスが制限を越えると15分間アクセスができなくなります。認証レベル2ではAPIのリミットが15で、3秒毎に1ずつすくなくなります。認証レベル3と4ではリミットが20で、認証レベル3の場合は2秒毎に1、認証レベル4では1秒毎に1ずつそれぞれ減少します。

注文を出したりキャンセルしたりすることでカウンター数が増減することはありませんが、オーダーブックの意図的に操作することを防ぐため、別途リミットが設けられています。約定することだけが目的の注文ではカウンターレートが毎秒1ずつ減少しますのでリミットに達することはありません。