アカウントを復旧するにはどうしたらいいですか。

アカウントにログインできないのは、思わぬところでログイン情報を間違えてしまっていることが原因として考えられます。その場合は下記のアカウント復旧手順をお試しください。

アカウント復旧手順を以下に示します。

  1. アカウントがロックアウトされている趣旨のメッセージが表示された場合は、先に進む前にカスタマーサポートにご連絡ください。
  2. 「ログイン」ページからユーザー名の確認をリクエストすることで、正しいユーザー名を使用しているかどうかを確認します。「ユーザー名を忘れましたか?」のリンクをクリックし、Krakenでアカウントを作成する際に登録したメールアドレスを入力します。ユーザー名のメールが届かない場合は、間違ったメールアドレスを入力したか(Krakenアカウントに登録しているメールアドレスでなければなりません)、迷惑メールフォルダにメールが入っている可能性があります。
  3. 「ログイン」ページでパスワードをリセットします。「パスワードを忘れましたか?」のリンクをクリックし、Krakenアカウントを作成する際に登録したメールアドレスとユーザー名を入力します。パスワードリセットの確認メールが届かない場合は、間違った情報を入力したか(Krakenに登録してあるメールアドレスまたはユーザー名の間違い)、迷惑メールフォルダに確認メールが入っている可能性があります。確認メール内にあるパスワードリセットリンクをクリックし、必要事項を入力します。マスターキーを登録している場合、このキーを入力する必要があります。マスターキーを登録していなかった場合、マスターキーの欄はそのまま空白にします。パスワードリセットリンクは1回だけ使用でき、2時間後に期限切れになります。期限切れになった後もパスワードリセットリンクは、常時機能しているように見え、リンクをクリックすると同じフォームが表示されますが、必ずしも機能しているわけではありませんのでご注意ください。実際にこのリンクが機能しているかどうかは、パスワードのリセットに成功するまで分からない仕組みとなっております。
  4. 「ログイン」ページから2段階認証バイパスコードをリクエストします。「ワンタイムパスワードを忘れましたか?」をクリックし、Krakenアカウントに登録されているメールアドレス、ユーザー名、およびマスターキーを入力します(マスターキーを登録していない場合や忘れてしまった場合はこの機能を使用できませんので、カスタマーサポートにご連絡下さい。)バイパスメールが届かない場合は、間違った情報を入力したか(メールアドレス、ユーザー名、またはマスターキーの間違い)、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまった可能性があります。2段階認証を作成したこと自体を忘れてしまったためにアカウントにログインできないという場合がありますので、これまで一度もアカウントログインの2段階認証を登録したことはないと思われる場合でも、念のためこの手順を実行することをお勧めします。もしもアカウントログインの2段階認証が登録されていない場合は、登録されているメールアドレスにその旨が記載されたメールを送信します。
  5. 最後に、ユーザー名、新しいパスワード、および(必要な場合)2段階バイパスコードを使用してアカウントにログインします。ログインの2段階認証が作成されている場合は、2段階認証の接続が切れていることが原因でログインできない可能性もあります。したがって、アカウントにアクセスした後、以前の2段階認証を削除し、新たに登録することをお勧めします。尚、マスターキーをまだお持ちでない場合は、アカウントにアクセスした後に、マスターキーを設定することをお勧めします(万が一お客様のメールアドレスが不正侵入された場合、お客様のKrakenログイン認証情報を使用してアカウントに侵入することがはるかに困難になります)。

上記手順1~5を実行した後もアカウントにアクセスできない場合は、カスタマーサポートにお問い合わせください。