ユーザーは、資金を借り入れて証拠金を使用した取引を行いますが、この資金はどこから調達され、どのように債務不履行から保護されているのですか。

証拠金取引用の貸付資金は、Krakenの運用アカウントから調達されています。顧客資金を証拠金取引の貸付資金として利用することはありません。詳しくはセキュリティポリシーページの「金融セキュリティ」セクションをご参照ください。Krakenからの貸付資金は、マージンコールレベルロスカットレベルのシステムによって債務不履行から保護されています。基本的な考え方としては、ユーザーが自己のポジションの残額とアカウント残高から、借入資金を返還できなくなってしまう段階よりもかなり前の段階で、ユーザーのポジションを強制的に清算するというものです。借入資金の返済のために、ユーザーが資金を追加で入金しなければならない状況に陥らないよう、つまり、ユーザーが借入資金の債務不履行に陥らないよう、当システムは設計されております。詳細については、取引ガイドのレバレッジと証拠金を参照してください。