成行注文停止機能とは何ですか。

成行注文停止機能(マーケットプライスプロテクション)とは、スリッページの発生や成行注文が流動性の低い不安定な相場であまりに不利な価格で約定してしまいそうな場合に機能し、その成行注文はキャンセルされます。通貨ベアにもよりますが、通常ビットとアスクの差が5〜10%程度開いた際に適用されます。

もし成行注文が成行注文停止機能が働いたことによりキャンセルされた場合は、約定希望価格での指値注文を出して下さい。もし指値注文がすぐに約定しない場合は、価格を上げたり(買い注文の場合)下げたり(売り注文の場合)調節して下さい。

指値注文の出し方はここをご参照下さい。