検索
アカウントが乗っ取られた場合
アカウントが乗っ取られたと思われる場合は、次の操作を実行してください。
  1. 1
    サポートチケットを開くドロップダウンメニュー‌で、「ログインに関する問題・アカウントセキュリティ」を選択します。2番目のドロップダウンメニューで、「アカウントの不審なアクティビティを報告」を選択します。当社のセキュリティ担当者が内容を確認するため、問題の詳細を説明してください。アカウントの復旧に関する手順をメールでお送りし、できるだけ早急にアカウントを復旧します。注意:セキュリティ上の理由から、すべてのコミュニケーションはメールまたは当社のセキュリティチームが最終的に指定するその他の手段で行う必要があります。
  2. 2
    メールとデバイスを保護するメールアカウントのパスワードを変更し、2要素認証を追加(または変更)します。また、コンピュータとデバイスをスキャンしてマルウェア/キーロガーを検出し、デバイスを最新のソフトウェアバージョンに更新します。
  3. 3
    クラーケンアカウントのパスワードをリセットするパスワードのリセットページに移動し、推奨事項と要件に従ってください
Krakenアカウントを復旧する
サポートチケットを受け取り次第、セキュリティスペシャリストチームよりフォローアップのメールをお送りします。Krakenアカウントのセキュリティを確保するプロセスを案内し、メールのセキュリティを確保するために必要な手順を実行します。アカウントの復旧プロセスは、複数の手順からなるプロセスであるため、時間を要しますので、ご了承ください。注意:お客様の問題を早急に解決するためには、案内メールの内容をよくお読みいただいた上で、案内させていただくすべての手順に従ってご対応ください。
クラーケンアカウントを保護する
アカウントを侵害するために使用される方法は洗練されており、常に進化しています。Krakenが提供するすべてのセキュリティ機能を使用し、アカウントとデジタルライフを保護する方法に関するアドバイスに従ってください
メールアカウントの乗っ取り
これは、Krakenアカウントが侵害を受け得る一般的な方法です。もし第三者がメールへアクセスできた場合、ユーザー名のリクエストとパスワードのリセットを行うことができます。不正なパスワードのリセットを防ぐログイン時 の2要素認証またはマスターキーを有効にしていない場合は、アカウントへ自由にアクセスできます。攻撃者は、クラーケンへの不正アクセスに成功すると、出金アドレスを作成、承認することができ、資金の出金が可能になります。このため、 認証アプリまたは最も安全なオプションであるハードウェアセキュリティキーのいずれかを使用して、ログイン時2要素認証でアカウントを保護することが不可欠です。Kraken専用の暗号化されたメールアカウントを作成することを強くお勧めします。複数のアカウントで同じパスワードを使用しないでください。メールのセキュリティ保護の詳細については、この記事を参照してください。
フィッシング詐欺
フィッシング詐欺が発生する要因の1つは、検索エンジン(Google など)を使用して「Kraken」という単語を検索し、最初に表示されるリンクをクリックしてしまうことです。これにより、Krakenのウェブサイトと見た目がそっくりなフィッシングサイトが表示される可能性があります。フィッシング詐欺師はこのサイトを使って、アカウントにアクセスするために、ログイン認証情報とログイン時の2要素認証およびデバイス承認コードを入力することを要求します。Krakenログインページ(www.kraken.com/ja-jp/sign-in)をブックマークしておき、Krakenのウェブページへの移動には、検索エンジンを使用しないようにしましょう。正しいサイトにアクセスしていることを確認するために、アクセスするページの URLを必ず確認してください。フィッシングサイトにアクセスしたと思われる場合は、最近の閲覧履歴でwww.kraken.comとは異なる「Kraken URL」を検索し、セキュリティスペシャリストにお知らせください。そのサイトを報告して削除を依頼します。 また、機密情報を要求するフィッシングメールに注意してください。お使いのアカウントでのアクションに関して 当社から受信したメールのドメインをチェックし、[email protected] から届いているか確認してください。当社からメールのログイン資格情報を要求することはありません。フィッシング詐欺の詳細については、この記事を参照してください。
マルウェア
悪意のあるソフトウェアやマルウェアは、メールで提供された疑わしいリンクをクリックするか、疑わしいウェブサイトにアクセスすることにより、デバイスに感染する可能性があります。マルウェアは、疑わしいソフトウェアをコンピュータにダウンロードすることによっても侵入する可能性があります。一部のマルウェアはキーロガーの形で侵入する可能性があります。キーロガーは、デバイスにアクセスすると、入力した内容をすべて記録し、攻撃者にメールまたはKrakenアカウントの入力に使用できる機密性の高いログイン認証情報を与えてしまいます。マルウェアをスマートフォンにダウンロードした場合、攻撃者も2要素認証コードを確認できてしまう可能性が生じます。デバイスの感染が疑われる場合は、データをバックアップし、デバイスを工場出荷時にリセットすることを強くお勧めします。面倒な作業ではありますが、これはマルウェアがデバイスに存在しないようにするための最も確実な方法です。さらに、認証アプリではなく、2要素認証のハードウェアセキュリティキーを有効にします。マルウェアの詳細については、この記事を参照してください。
APIキー
APIキーは注意して使用する必要がありますAPIキーを安全に暗号化された形式で保存し、APIキーを使用するサードパーティのサービスを適切に検証してください。新しいキーを生成するときは常に、本当に必要な場合にのみ、キーの取引許可を有効にするようにしてください。API秘密キーまたは QRコードを共有することは、アカウントのパスワードを共有することと同じであることを忘れないでください。APIキーを安全に生成する方法の詳細については、この記事を参照してください。
セキュリティに関する最後のヒント
Payward, Inc が公開している公式のクラーケンモバイルアプリのみを使用してください。公式のKrakenアプリであると主張する他のアプリは当社のものではなく、詐欺の可能性があります。偽のKrakenアプリをダウンロードした場合は、すぐに削除して、サポートチームに連絡してください。
偽のオンライン取引プラットフォームを介して実行される投資詐欺に注意してください。ソーシャルメディアや電話で行われた一方的な投資提案は絶対に受け入れないでください。
投資活動に関する機密情報をソーシャルメディアで共有しないでください。