検索
Krake Proで注文をする方法
Kraken Proは、高頻度取引をされるお客様向けに開発されました。このアプリはユーザーが作成したAPIキーを介して、取引システムと直接通信します。アカウントのログイン情報を共有することなく、いつでもどこでも 安全にローソク足チャートを確認できます。
ユーザー名とパスワードを使用してログインしている場合、入金と出金はアプリからも行えますが、APIキーを介してログインしている場合、入出金は行えません。
  1. 1
    アプリを開くと、「Market」と「Trade」両方から「新規注文(「New order」)」を行えます。
    01_Neworder.png
  2. 2
    取引ペアを変更したい場合は、「Market」内の「Asset」タブから各通貨の詳細画面に遷移し、画面最下部から希望の取引ペアを選択してください。
    02_1_BTC.png
    02_2_BTC.png
  3. 3
    注文タイプ(デフォルトは「Limit」となっています)をタップすることで希望の注文タイプを選択できます。このガイドでは、買い指値注文を行います。
    03_Limit.png
  4. 4
    それぞれのボタンをタップすることで、買い(Buy)注文と売り(Sell)注文を切り替えられます。
    ProApp_BuySellGrey_02082021.png
  5. 5
    「Amount」に注文数量を入力できます。
    ProApp_AmountBTC0.01_02082021.png
  6. 6
    「Limit price」 では、約定希望価格を設定できます。
    ProApp_LimitPriceEUR_02082021.png
  7. 7
    「Total」には上記注文の合計金額が表示されます。 「Amount」を入力する前に合計金額が表示されている場合、「Amount」が自動的に適切な数量に調整されます。
    ProApp_TotalPriceEUR_02082021.png
  8. 8
    「Abailable balance」には、約定待ちの注文で使用される金額を除く額が表示されます。買い注文を出すときに必要な通貨は、取引ペアの決済通貨です。逆に、売り注文を出すときに必要な通貨は、取引ペアの基軸通貨です。
    ProApp_AvailableBalanceEUR_02082021.png
    「Start」、「Expiration」などを利用して、 追加の注文オプションが利用できます
  9. 9
    ご希望の注文設定が完了したら、画面下にある緑色の 「Buy(買う)」 または赤色の 「Sell(売る)」 ボタンをタップします。
    ProApp_BuyBTC_02082021.png
    ProApp_SellBTC_02082021.png
  10. 10
    「Order details」画面が表示され、注文の詳細を確認できます。
    05_Confirmation.png
  11. 11
    「Swipe to confirm」をスワイプすると、取引システムにこの注文が送信されます。注文の送信が完了すると、「ORDER CREATED」という通知が表示され、注文が完了します。
    06_Complete.png

その他の注文オプション

04_Ordercondition.jpg
Start(開始日時)
注文を発注する時間を設定できます。
Expiration(有効期限)
注文が約定されない場合に注文をキャンセルする時間を設定できます。
ProApp_ExpirationTime_02082021.png
Post Limit Order(指値注文のみ)
Post Limit Orderを選択しておくと、注文が約定された場合に、メイカー手数料が適用されます。注文はオーダーブック(取引板)に載るか、場合によってはキャンセルされます。これは、オーダーブックの売り注文と一致する指値買い注文が入った場合(売り注文の場合はその逆)に即時約定されることを防ぎ、テイカー手数料が適用されることがないようにするための設定です。
Fee Currency(手数料通貨)
注文が約定された場合に、支払う手数料の通貨(証拠金以外)を設定できます。ただし、必ずしも希望通りの通貨で手数料が支払えるわけではありません。 (例. 残高がゼロの通貨に設定されている場合など)。
Conditional Close(条件付きクローズ)
条件付きクローズ注文は、現物証拠金ポジションのオープン注文が実行されると自動的に発注されます。これは、証拠金で現物ポジションをクローズするために反対の注文が作成されるためです。
条件付きクローズ機能は、取引の実行時に現物証拠金ポジションのストップ ロスまたは利益のターゲットを自動的に設定するのに役立ちます。