検索
取引インタフェースガイド
 

取引のページに表示される情報はたくさんありますが、詳細を以下にご案内致します。

ユーザーインターフェースは、複数のパネルに分けられています。すべては重要な取引機能からワンクリックでアクセスできるようデザインされています。
futures_trading_interface_360022627732_1.png

ダッシュボード

futures_trading_interface_360022627732_2.png
ここでは、取引可能な多様なデリバティブにアクセスすることが可能です。
タブより、デリバティブのタイプを選択することが可能で、 ウォッチリストに保存するにはお気に入りボタンを押してください。
選択後は、インターフェース上に選択済みのデリバティブの情報が表示されます。

チャート

futures_trading_interface_360022627732_3.png
契約をご選択いただくと、画面の右上にチャートが表示されます。
チャートの左側にあるパネルには、選択された契約情報が表示されます。
マウスを使って拡大、縮小、もしくはチャートをクリック後にスクロールをすることで拡大、縮小をしていただけます。
Trading Viewでは、インディケーター(例:ボリンジャー・バンド)、トレンドライン等が利用可能な上、その他の機能をチャートに追加することができ、多くの機能をご利用いただけます。

注文の送信

futures_trading_interface_360022627732_4.png
 
まず、正しいデリバティブが選択されていることをご確認ください。その後、売買希望の契約数をご入力ください。注文タイプによっては、指値価格等の追加情報を入力していただく必要があります。オーダーブックの価格をクリックすることにより、指値価格欄を自動入力することが可能です。
ご入力情報を変更する度に、注文の右側に表示される証拠金情報が更新されます。当初証拠金の条件が、利用可能な証拠金より少ないことを確認の上、「買う」もしくは「売る」ボタンをクリックしてください。

注文のキャンセル

futures_trading_interface_360022627732_5.png
未約定の注文をキャンセルしたい場合、画面の下のパネル内の「オープン注文」タブをご選択ください。該当の注文の一番右側に表示される赤いXボタンをクリックすることで、注文をキャンセル(オーダーブックから解消)できます。
すべてのオープン注文をキャンセルされる場合は、オープン注文のタブの横に表示される赤いXボタンをクリックしてください。

残高パネル

お客様のウォレットへは、以下のリンクから移動していただけます。

利用可能な注文タイプ

弊社では、成行注文、指値注文、ストップ注文をご利用いただけます。注文フォームの上部にある3つのボタンより、注文タイプをご選択いただけます。
成行注文をご選択の場合、お客様の注文はオーダーブックの最良価格と即時的に約定します。この注文タイプは、お客様に不利に働くこともありますので、十分ご注意ください。お客様の資産を守るため、アスク価格の最良価格から1%を超える価格、もしくはビッド価格の最良価格から1%未満の価格と約定することはありません。つまり、お客様の注文が一部だけ約定する可能性もあります。未約定の注文は自動的にキャンセルされ、オーダーブックから解消されます。
指値注文では、最大/最小の売買価格を設定することが可能です。もしこの設定価格が既にオーダーブックにある注文と即時的に約定する価格ではない場合には、お客様の指値注文はオーダブックに追加されます。弊社では、希望価格と程遠い価格との約定を防ぐため、指値注文を行われることをお勧めしています。
ストップ注文では、オープンポジションで損失を制限したり、マーケットがお客様の予測通りに変動した場合にポジションを追加することが可能です。ストップ注文では、ストップ価格と指値価格の2つの価格を設定する必要があります。マーケット価格がお客様の設定されたストップ価格に到達すると、ストップ注文が執行されます。指値価格は、約定し得る最悪の価格を意味します。
例:ストップロス 現在の先物価格が$5,000だとします。お客様が先物のロングポジションを保有していて 、価格が下降した際に損失を制限したいとします。 ストップ売り注文をストップ価格$4,500 、指値価格$4,400で送信すると、もし先物価格が $4,500に下降した場合(この価格、もしくはそれ以下で取引が起こっている場合)、お客様のストップ売り注文は指値価格$4,400で執行されます。お客様の先物ポジションは、 十分な流動性がある場合には$4,400もしくはそれ以上で売られることになります。
例:ストップ買い注文現在の先物価格が$5,000だとします。お客様がロングポジションを保有していて、もし価格が $5,100,に到達すると、一気に$5,500まで上昇すると予測したとします。ストップ買い注文をストップ価格$5,100、指値価格$5,150で送信すると、もし先物価格が $5,100に上昇した場合、お客様のストップ買い注文は指値価格$5,150で執行されます。その後、十分な流動性がある場合には追加注文として $5,150 もしくはそれ以下の価格で先物の追加買い注文を行えます。