検索
APIキーの2要素認証(2FA)について
アプリケーションプログラミングインターフェイスAPIキーをクラーケンアカウントで生成すると、取引、アカウント資金へのアクセス、クラーケンアカウントのデータ追跡などの操作を実行する権限を外部アプリケーションに付与できます。
重要なお知らせKraken ProモバイルアプリCryptowatchは、現在APIキー2FAをサポートしていません。そのため、Kraken ProまたはCryptowatchで使用されるAPIキーに対しては2FAを無効にしておく必要があります。 サードパーティサービスはAPIキー2FAをサポートする場合とサポートしない場合があるため、APIキー2FAを有効にできるかどうかをサービスに直接確認することをお勧めします。2FAをサポートしていないアプリケーションまたはサービスでAPIキー2FAを使用しようとすると 、EAPI:無効な署名エラー(または認証失敗に関するカスタムサードパーティエラー)が発生します。
この資料では、アカウントのAPIキーの生成に伴うセキュリティ上のリスクを認識していることを前提としています。
2要素認証(2FA)は、APIキーのリスクを軽減する1つの方法です。

APIキーに対して2FAを設定する方法

  1. 2
    ページの右上隅にある自分の名前をクリックします。
  2. 3
    [セキュリティ]をクリックし、[2要素認証の設定]を選択します。
  3. 4
    [APIキー]セクションまで下にスクロールし、2FAを追加するAPIキーのオン/オフボタンを切り替えます。
    Security_APIKeyToggle_10062020.png
  4. 5
    2FAオプション([2FAアプリケーション]または [パスワード])を選択します。 
    • 2FAアプリの場合は、デバイスでオーセンティケータアプリを開き、QRコードをスキャンするか、[セットアップキーの表示]を選択して手動でキーを入力します。次に、オーセンティケータアプリケーションに表示される数値コードを入力し、 [確認]を選択します。
    Security_APIKey2FAApp_10062020.png
    • パスワードオプションを使用している(最も安全性が低い)場合、指示に従ってパスワードを設定し、[確認]を選択します。
    Security_APIKey2FAPassword_10062020.png
  5. 6
    2要素認証が必要となるアクションを選択します。次に、[確認]をクリックして続行します。 
    関数の選択は現在有効になっていないため、このAPIキーを使用するすべてのAPI呼び出しで2FAコードが必要になります。
    Security_APIKeySettings_10062020.png
  6. 7
    おめでとうございます、完了しました!選択したAPIキーに対して2FAが正常に設定され、有効になったことがわかります。