検索
クリプトの基礎知識
クリプト・アセットは、P2Pの金融取引とインターネット上のスマートコントラクトを分散化された(非集権的な)方法で容易に行えるように設計されたデジタル資産です。これは、「二重支払い」の問題を解決することと、高度な暗号化とプログラミングを用いることにより実現しました。
ブロックチェーン
クリプトは「ブロックチェーン」として知られている公開された台帳上に取引を記録し、仲介者がある人から別の人に資金を送るというプロセスを必要としないデジタルマネーの最初の形態です。
ウォレット
クリプトには物理的な実体がありません。つまり、ウォレット はクリプトを物理的に保管しません。ウォレットは、関連するブロックチェーン上のウォレット保有者自身のクリプトにアクセスするために必要な暗号鍵のみを保持しています。
ノード
クリプトは、実際に送信または受信しても、実際にはどこにも「移動」しません。それぞれのブロックチェーンの所有権を変更するだけであり、世界中のノードに保存され、暗号化された状態で保護されます。必要なリソースを持つ人なら誰でも、ノードを設定して運用することができます。
トークン
既存のブロックチェーン上に新たに作られたクリプトは、しばしば「トークン」と呼ばれます。
プライバシー
ブロックチェーンが公開されていることにより、クリプトは疑似匿名になります。多くのクリプトにとって、ユーザーのプライバシー(匿名性)を改善することは共通のゴールのひとつです。
コンファメーション
二重支払い問題は、稀な状況下において、依然として発生する可能性があるため、クリプトの入金が実行される前に一定の数のコンファメーションが必要になります
まとめ
クリプトは世界中で共有されている分散型台帳です。クリプトの最も有名な例はBitcoin(XBT)とEthereum(ETH)ですが、他にも数えきれないほどあります。

参考:

以下は、Bitcoinについて解説した高品質のビデオコンテンツ(英語)へのリンクです。
Beginner
 Intermediate
 Advanced

関連記事