検索
電信送金とACHの違い(日本非居住者向け)
There are several differences between 電信送金 (Fedwire使用) とACH送金にはいくつかの違いがあります。違いを理解する事で、お客様が電信送金かACH送金のどちらを行なっているのか、はっきり分かるでしょう。
FedWire-Process-Deposits.png
ACH-Process-Deposits.png
 

電信送金とは?

電信送金とは銀行か第三者を通じて行われるもので、2者間で資金を比較的早く送ることが出来ます。
注意: 弊社は、お客様本人の銀行口座からのみ電信送金を受付けることが出来ます。自動的に返金される事があるので、ジョイントアカウントでは無く、個人の銀行口座を使用されることをお勧めします。

ACH送金とは?

ACHとは “Automated Clearing House” の略で、Federal Reserveが日常的な送金のために開発しました。

電信送金 vs. ACH送金

電信送金かACH送金かを選択するにあたり、重要なファクターが幾つかあります。:  
 FedwireACH
送金にかかるコスト (お客様の銀行がチャージするもの)$25-30大抵は無料(速い処理には$5-10) 
入金手数料  (弊社がチャージするもの)$5$5
送金にかかる時間同日*3-5営業日
*これはお客様の入金がKrakenアカウントにいつも同日反映する、という事ではありません。弊社の提携送金会社でさらなる手続きが必要な場合には、入金処理が遅れることがあります。
まとめると、以下の場合にはお客様は電信送金を使っていないということになります。:
  • 送金が "同日"と特定されていない。
  • 送金の料金が$25-$30ではない。